リフォーム業者はこう選ぶ!キッチンリフォーム業者の口コミ・評判

階段リフォーム

リフォーム一括見積もりサイトランキングはこちら≫≫≫


戸建ての住宅に住んでいると必ず使うのが階段です。
ほぼ毎日使うことから、長年住んでいると床のハゲや歪み、汚れなど気になる部分も増えてきます。
特に階段に関しては安全性も十分に確保しておかないといけない箇所ですので、リフォームも適宜必要となってきます。
そんな階段のリフォームに関することをまとめてみました。

床材・照明・手すりの設置

階段のリフォームとなると、大掛かりな工事になることから、なかなか手が付けられないものですが、それでも事故防止のためには大切なことです。
最近は、古い階段板の解体をしなくてもリフォームができるようになり、リフォーム用の階段部材も様々なものがあります。
階段のリフォームは、特に小さな子供やお年寄りがいる場合、安全性が重要になります。
小さなお子様やお年寄りがいない場合にも、家族に怪我人が出るケースなども踏まえ、階段の安全性を高めておくことはとても重要です。
階段の床材は、すべりにくく、カーペットやコルクなど柔らかい素材を選ぶと安全性が高まりますし、既存の階段板にリフォーム用の階段部材を貼り付けるだけで手軽に施工できます。
床材は明るい色のものにして、天井以外に足元にも照明を取り付けます。
明るい床材に加えて照明が足元につくことにより、足元が明るくなりふいに転ぶようなことも防げます。
また照明のスイッチは押しやすいようにして、わかりやすいところに設置するとどんな年代の方でも使いやすくなります。
手すりはできれば左右両側に取り付け、切れ目なく連続して、しっかりした下地に取り付けるようにします。
手すりだけ木製やアイアン製、アルミ製にするとアクセントにもなります。

踊り場の設置

階段は急勾配なので、上り下りしやすいようにするには、段差が少なく踏み面が広く取られ、途中に踊り場があることが理想的です。
階段の途中に平らなスペースや、ゆるやかな三角形の踏み面があるタイプだと、万が一足を滑らせても下までの一気に落下してしまうのを防ぐことができます。
この工夫だけで万が一転落してしまった場合にも、階段の一番下まで落下するよりも怪我を軽減ことができます。
また、お年寄りや体が不自由な人で、階段の上り下りが辛い場合も、踊り場で一度小休憩をとることができます。
ただし、階段そのものを取り換えるのはかなり大きな工事となり、階段のバリアフリー評価については一定の基準があるので、住宅支援機構によるリフォーム融資を検討するなら、基準に合致しているか、事前に業者とも相談することがあわせてとても大切になります。

おしゃれな階段の設置

インテリアとの調和を考えるなら、輸入住宅などによく使われている曲線を描きながら上階に伸びていく階段と使用すると、室内が穏やかな印象になります。
階段のはじまりから終わりまでが曲線で演出されるため、広々とした優雅な雰囲気が漂うようになり高級感が醸しだされます。
逆に省スペースを考えるなら、くるくるとまわりながら上り下りする、らせん階段もあります。
らせん階段は、設置に必要な床面積が、他の形状の階段と比べて小さくてすみますが、踏み面が三角形で奥行きが浅いところがあるのでバリアフリーには不向きです。
おしゃれな階段を選ぶとしても、それぞれにメリット・デメリットがありますので、まずはリフォーム業者に相談しいろいろな提案をしてもらうことがよいでしょう。

厳選!キッチンリフォーム一括見積りサイトの比較ランキング
NO.1
リショップナビ

リフォーム費用完全公開!
安心で選ばれているサイト

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。
利用者からのコメント

優良業者だけが紹介されているので、比較して選ぶだけ。自分で探すよりもカンタンで、しかもリショップナビからリフォーム依頼するだけで1,000円の商品券をもらえるのでちょっぴり得した気分です♪

口コミ評価

9.50ポイント

リショップナビ 公式サイトはこちら
NO.2
HOME’Sリフォーム

40万人が利用したことのある
無料のリフォーム比較サイト

40万人以上が登場・利用する安心のリフォーム業者選び・比較サイト。 匿名でリフォーム業者に見積もり依頼。豊富な施工事例や利用者の評判をもとに、 あなたにぴったりのリフォーム会社が見つかります。
公式サイトはこちら
NO.3
ホームプロ

リフォーム費用完全公開!
安心で選ばれているサイト

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。
公式サイトはこちら

お役立ち情報

口コミ・評判