リフォーム業者はこう選ぶ!キッチンリフォーム業者の口コミ・評判

洋室リフォーム

リフォーム一括見積もりサイトランキングはこちら≫≫≫


少し前に購入したご自宅だと、家族それぞれのパーソナルルーム以外に、家族でシェアするスペースとして和室がある場合が多いです。
しかしながら、現代の生活で和室を必要としている家族形態はとても少なく、どちらかというと納戸のような役割で使っている方が多いのではないでしょうか?
納戸としての機能に満足していれば何も問題はありませんが、もし部屋が足りない!もう一部屋あれば!と思っているのであれば、その答えはリフォームかもしれません。

まずは床面のリフォーム

和室を洋室にリフォームする際、まずは畳をフローリングに変えることになりますが、ただ畳を除去してフローリングにするだけでなく、下地の処理が必要となります。
下地の処理の際は、床下に断熱材がなければ、入れておくことが望ましく、フローリングの材料費、畳の処分費、下地処理と断熱材の施工などで、8畳間で20万~30万円くらいの費用となります。

室内の細かなリフォーム

壁、天井も、和室から洋室仕上げに変更するための造作工事が必要で、壁は洋室風の壁紙を貼ることになり、造作工事、クロス仕上げ工事で、8畳間の場合10万~20万円くらいの費用となります。
これ以外、出入り口がふすまなら、洋風のドアに変える必要がありますが、ふすまの敷居を取り外し、引き戸用の敷居を設置すれば、比較的簡単に洋風の引き戸に変更できます。
費用は8万~15万円くらいですが、建具にはいろいろと種類があるので、予算に応じて検討することです。
押入れをクローゼットに変更する場合、15万~25万円の費用となりますが、クローゼット内の仕切り、ハンガーポールなどの内部収納ユニットや、調湿材も配置するとよいでしょう。
充分な収納スペースを確保したい場合、壁一面を収納スペースにしてしまう方法があります。
これだと家具を置くよりもスッキリします。

その他必要となる工事

和室8畳間を洋室にフルリフォームするとなると、50万~90万円くらいの費用となりますが、床・柱の傷み具合や他の部屋との兼ね合いで費用は異なってきます。
また、エアコンやシーリングライトなど、電気設備の関係で電気工事が必要となる場合は、別に4~5万円ほどかかります。
予算に応じて、フルリフォームにするか、床だけにするか、壁だけにするか、よく考えることです。
リビングに隣接した和室を洋室にして、リビングを広げるのも人気です。
ただ、和室と洋室は床の高さが違うことが多く、この場合は洋室と床の高さを揃える工事が必要となります。
他にも、壁の構造の違いから、完全に一体化させるのが困難となることもあるので、どの程度まで工事できるか、事前に専門家とよく検討することです。

厳選!キッチンリフォーム一括見積りサイトの比較ランキング
NO.1
リショップナビ

リフォーム費用完全公開!
安心で選ばれているサイト

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。
利用者からのコメント

優良業者だけが紹介されているので、比較して選ぶだけ。自分で探すよりもカンタンで、しかもリショップナビからリフォーム依頼するだけで1,000円の商品券をもらえるのでちょっぴり得した気分です♪

口コミ評価

9.50ポイント

リショップナビ 公式サイトはこちら
NO.2
HOME’Sリフォーム

40万人が利用したことのある
無料のリフォーム比較サイト

40万人以上が登場・利用する安心のリフォーム業者選び・比較サイト。 匿名でリフォーム業者に見積もり依頼。豊富な施工事例や利用者の評判をもとに、 あなたにぴったりのリフォーム会社が見つかります。
公式サイトはこちら
NO.3
ホームプロ

リフォーム費用完全公開!
安心で選ばれているサイト

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。
公式サイトはこちら

お役立ち情報

口コミ・評判