リフォーム業者はこう選ぶ!キッチンリフォーム業者の口コミ・評判

断熱リフォーム

リフォーム一括見積もりサイトランキングはこちら≫≫≫


日差しが強い、夏の暑さがひどい、冷暖房の効きが悪い、浴室・トイレが寒い、壁にカビが生じる、窓に結露が生じる、といった悩みは多いものですが、これらの対策として、断熱リフォームが注目されています。
住まいの断熱には、外気に接する床、壁、天井、屋根、窓に断熱材を施工することになります。
手軽にできる断熱リフォームとしては、既存の窓ガラスを、2枚のガラスの間に真空層があるペアガラスに変えたり、サッシの室内側に内窓を設け、二重サッシにする方法があります。
足元が冷える場合、床下に断熱材を入れるのが効果があります。
床下にもぐって断熱材を施工する方法だと比較的費用が抑えられますが、床のリフォームを行う際、既存床を剥がすときに併せて断熱材を入れる方法もあります。

壁に断熱材を入れるのも効果的ですが、1面だけではあまり効果は期待できないので、すべての外壁を断熱機能のあるサイディングなどでリフォームするのが望ましいでしょう。
このため、間取りの変更や構造材の補修、内装の模様替えなどのリフォームの際に、併せて断熱のリフォームも行う方が良いでしょう。
ただ、断熱効果が高くなると建物の内外で温度差が生じ、結露が生じやすくなるので、吸湿・放湿作用の高い壁材を使う、防湿シートを組み込む、などの結露対策もしっかり行うことです。

冷暖房の効きが悪い場合、天井裏に断熱材を敷き込むことでエアコンの効率が良くなります。
施工は簡単で費用も安く済みますが、断熱材は隙間なく敷き込むことが大事なので、リフォームの際は施工後の写真を見せてもらったほうが良いでしょう。
少し費用は高くなりますが、既存の外壁に断熱材を張り、その上にサイディングなどの外壁材を設置する外断熱工法は、住居全体を断熱材で包み込むので効果的です。
壁の中の温度差が生じにくいので結露対策にもなります。
ただ、高気密・高断熱になると、室内に湿気や汚れが溜まりやすくなるので、きれいな空気を取り入れるための換気システムも併せて導入したほうが良いでしょう。

厳選!キッチンリフォーム一括見積りサイトの比較ランキング
NO.1
リショップナビ

リフォーム費用完全公開!
安心で選ばれているサイト

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。
利用者からのコメント

優良業者だけが紹介されているので、比較して選ぶだけ。自分で探すよりもカンタンで、しかもリショップナビからリフォーム依頼するだけで1,000円の商品券をもらえるのでちょっぴり得した気分です♪

口コミ評価

9.50ポイント

リショップナビ 公式サイトはこちら
NO.2
HOME’Sリフォーム

40万人が利用したことのある
無料のリフォーム比較サイト

40万人以上が登場・利用する安心のリフォーム業者選び・比較サイト。 匿名でリフォーム業者に見積もり依頼。豊富な施工事例や利用者の評判をもとに、 あなたにぴったりのリフォーム会社が見つかります。
公式サイトはこちら
NO.3
ホームプロ

リフォーム費用完全公開!
安心で選ばれているサイト

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。
公式サイトはこちら

お役立ち情報

口コミ・評判