リフォーム業者はこう選ぶ!キッチンリフォーム業者の口コミ・評判
リフォーム > リフォームの費用相場 > 増築・改築リフォーム

増築・改築リフォーム

リフォーム一括見積もりサイトランキングはこちら≫≫≫


現在のご自宅には何年お住まいですか?
少し修繕の必要なところ、使い勝手が悪いなと感じるところ以外に、少し手狭になってきたなと感じることはありませんか?

今はリフォームという言葉が浸透していますが、かつては増改築という言い方が主流でした。
増改築といっても、増築と改築とは厳密には意味が異なります。
増築は、住居の床面積を増やすことで、平屋建てを2階建てにしたり、建物の敷地内に新しく構造物を建設したりと、いくつかの形があり、建物自体を骨組や構造から作り直す場合も含まれます。
例えば、敷地内に物置を別棟で新しく建てる場合、物置自体は新しい建物なのですが、母屋と新しく建てる物置は密接な関係で、用途上不可分な関係にあるので、建築の法令上では増築と呼ばれます。
改築は、一般的に、床面積は変わらず間取りの変更を伴う工事を指して言います。
古い建物を壊して新しい建物を建てる場合でも、建替えることで建物の用途が変わらず、または規模・構造が大きく変わらないのなら、改築になります
一般的に住宅のリフォームは、ほとんどが改築ということになります。

これ以外、新築という言い方もありますが、新築は、例えば畑や分譲された土地など、もともと建物がなかった場所に建築物を建てる場合を指して言います。
また、建物の建替えでも、建て替え前とで用途が異なったり、規模・構造が大きく違う建物に建替えする場合も新築と呼ばれます。
法律上は、特に市街化調整区域の場合、住宅の新築と改築とでは、全く異なるものとして扱われます。
市街化調整区域では、改築は簡単な手続きで行えますが、新築の場合、建築が許可されるには様々な要件を満たす必要があります。

増改築でも、法律上はいくつか制限があります。
例えば増築の場合、敷地ごとの建ぺい率で建てられる面積が制限されているので、敷地全面に建物を建て増しすることはできません。
また、10㎡以上の増築の場合、自治体に届ける義務があり、防火・準防火地域だと面積にかかわらず届出が必要となります。
これ以外にも、地域によっては高さや色の制限などがあります。

厳選!キッチンリフォーム一括見積りサイトの比較ランキング
NO.1
リショップナビ

リフォーム費用完全公開!
安心で選ばれているサイト

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。
利用者からのコメント

優良業者だけが紹介されているので、比較して選ぶだけ。自分で探すよりもカンタンで、しかもリショップナビからリフォーム依頼するだけで1,000円の商品券をもらえるのでちょっぴり得した気分です♪

口コミ評価

9.50ポイント

リショップナビ 公式サイトはこちら
NO.2
HOME’Sリフォーム

40万人が利用したことのある
無料のリフォーム比較サイト

40万人以上が登場・利用する安心のリフォーム業者選び・比較サイト。 匿名でリフォーム業者に見積もり依頼。豊富な施工事例や利用者の評判をもとに、 あなたにぴったりのリフォーム会社が見つかります。
公式サイトはこちら
NO.3
ホームプロ

リフォーム費用完全公開!
安心で選ばれているサイト

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。
公式サイトはこちら

お役立ち情報

口コミ・評判