リフォーム業者はこう選ぶ!キッチンリフォーム業者の口コミ・評判

基礎工事

リフォーム一括見積もりサイトランキングはこちら≫≫≫


リフォームの場合、新築と違って基礎工事は必要なく、既存の基礎を残すものですが、浴室を新しくする場合、設置のために基礎を作り直す必要があります。
増築の場合でも、基礎を追加する必要があり、また、間取り変更の場合でも、間仕切り壁を支える基礎を新たに追加する必要が生じたりします。
基礎工事が必要となった場合、どれくらい費用が掛かるかは、基礎がどれくらい追加になるか、つまり基礎の長さと底盤の大きさで費用が決まります。
例えば、門扉が古くなり開閉に不自由となったので門扉を交換する、という場合、門柱を埋めるためのコンクリート基礎の工事が必要となりますが、この場合は10万円くらいの費用が掛かります。
他にも、既にある塀やフェンスを撤去し、住居の周りにエクステリアフェンスを設置したりする場合、コンクリートや化粧ブロックなどで土台を作る基礎工事の費用は、材料費を含めて2mで3~4万円が目安のようです。

また、既存基礎に鉄筋が入っていない場合、基礎補強を行うこともあり、古い建物で耐震性能に問題があるのなら、家の外周部全部に耐震補強を行わなければいけないので、費用は高めとなります。
耐震補強工事には、構造部分と基礎部分の補強が必要となり、既存基礎に新たに基礎を造る方法が一般的ですが、最近は新しい工法も開発されているので、どのような工法で基礎補強を行うか、費用はどれくらいかかるか、業者によく確かめることです。
まずは専門家に依頼し、耐震強度がどれくらいか診断してもらうことです。
基礎部分を診断して、基礎部分の耐震改修の必要がある場合、簡単な補修ならエポキシ樹脂注入などが行われ、無鉄筋コンクリートの布基礎や玉石積み基礎などで劣化がひどい場合、ベタ基礎補強工事や炭素繊維補強工事、ツイン基礎工事などが行われます。
外壁の柱と土台に耐震パネルを取り付けることで、土台と柱の結合を強化する場合、工事費用は5~60万円くらいかかるようです。

厳選!キッチンリフォーム一括見積りサイトの比較ランキング
NO.1
リショップナビ

リフォーム費用完全公開!
安心で選ばれているサイト

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。
利用者からのコメント

優良業者だけが紹介されているので、比較して選ぶだけ。自分で探すよりもカンタンで、しかもリショップナビからリフォーム依頼するだけで1,000円の商品券をもらえるのでちょっぴり得した気分です♪

口コミ評価

9.50ポイント

リショップナビ 公式サイトはこちら
NO.2
HOME’Sリフォーム

40万人が利用したことのある
無料のリフォーム比較サイト

40万人以上が登場・利用する安心のリフォーム業者選び・比較サイト。 匿名でリフォーム業者に見積もり依頼。豊富な施工事例や利用者の評判をもとに、 あなたにぴったりのリフォーム会社が見つかります。
公式サイトはこちら
NO.3
ホームプロ

リフォーム費用完全公開!
安心で選ばれているサイト

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。
公式サイトはこちら

お役立ち情報

口コミ・評判