リフォーム業者はこう選ぶ!キッチンリフォーム業者の口コミ・評判
リフォーム > リフォームお役立ち情報 > キッチンを床暖房に

キッチンを床暖房に

リフォーム一括見積もりサイトランキングはこちら≫≫≫


床暖房のメリット、デメリット
冬場のキッチンは足元が冷えてつらいという人は多いのではないでしょうか。
靴下を重ね履きしたり、スリッパを履いたりしても冷えてしまう・・・
暖房をつけても暖かい空気は上に上がってしまうので、足元はあまり温まらないですね。
そんなとき「床暖房があったらな」と思いませんか。
足元はしっかり温まるけれどのぼせることはなく、床からの熱で室内全体もほんのり暖かくなります。
風が出ることがないのでほこりが立つことはなく、音もにおいもないので快適です。
空気が乾燥しすぎないのも風邪の季節はうれしいですね。
ヒーターやストーブなどの暖房は収納スペースが必要ですが、床暖房は設置してしまえばスペースは取りません。
デメリットは他の暖房器具に比べ、初期費用が大きいことです。
寒い朝にすぐ温まりたいと思っても、すぐに暖かくならないのも欠点です。

床暖房の種類
床暖房は主に「電気式」と「温水式」に分けられます。
電気式は電気で電熱線やヒーターを温めます。
パネルを床に敷くだけで導入可能なものもあるので気軽に取り入れられます。
初期費用は少なくてすみますが電気代がかかるので、キッチンなどの狭い面積で短時間使用する場合に向いています。
温水式は床下に設置したパイプに温水を循環させて温めます。
電気式に比べるとランニングコストが少なく、リビングやダイニングで長い時間使うのに向いています。
給湯器や配管の設置工事が必要なので初期費用が高くなるのが欠点ですが、最近はフローリングと一体になったものや簡単な工事で設置できるものも出てきているのでチェックしてみましょう。
温水を沸かす方法には、電気、ガス、灯油などがあるので、使用時間や面積などを考えて自分に合ったものを選びましょう。

床暖房を活かすコツ
床暖房は部屋全体の空気を温める暖房ではないので、床暖房をつけただけでは寒い場合があります。
床下や壁、天井などに断熱材を入れる、窓のサッシを断熱性の高いものに変えるなど、家の断熱性をあげるリフォームをすると効果的です。
寒くてすぐに室温を上げたいならエアコンや他の暖房器具をいっしょに使い、温まったら床暖房だけにするなど、それぞれの特徴を活かしてうまく使っていきましょう。

厳選!キッチンリフォーム一括見積りサイトの比較ランキング
NO.1
リショップナビ

リフォーム費用完全公開!
安心で選ばれているサイト

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。
利用者からのコメント

優良業者だけが紹介されているので、比較して選ぶだけ。自分で探すよりもカンタンで、しかもリショップナビからリフォーム依頼するだけで1,000円の商品券をもらえるのでちょっぴり得した気分です♪

口コミ評価

9.50ポイント

リショップナビ 公式サイトはこちら
NO.2
HOME’Sリフォーム

40万人が利用したことのある
無料のリフォーム比較サイト

40万人以上が登場・利用する安心のリフォーム業者選び・比較サイト。 匿名でリフォーム業者に見積もり依頼。豊富な施工事例や利用者の評判をもとに、 あなたにぴったりのリフォーム会社が見つかります。
公式サイトはこちら
NO.3
ホームプロ

リフォーム費用完全公開!
安心で選ばれているサイト

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。
公式サイトはこちら

お役立ち情報

口コミ・評判