リフォーム業者はこう選ぶ!キッチンリフォーム業者の口コミ・評判
リフォーム > リフォームの費用相場 > ウッドデッキリフォーム

ウッドデッキリフォーム

リフォーム一括見積もりサイトランキングはこちら≫≫≫


ウッドデッキのある自宅に住まうなんて、とても優雅なので強い憧れを持って自宅に作った方も多いことでしょう。
ウッドデッキの上で昼下がりにお茶をしたり、趣味のガーデニングをしたり、考えればキリがないほど楽しめる場所になりそうです。
ただし、やはりこういった場所は維持するにも手間やコストがかかることを忘れてはなりません。
安全に優雅なウッドデッキのある生活を送るためにも、きちんとリフォームをして保ちたいものです。
そんなウッドデッキのリフォームに関してまとめました。

費用のあれこれ

ウッドデッキをリフォームする際、費用的には10㎡あたり20万円くらいが相場のようですが、庭の形や地形によってはもう少し費用が掛かることになります。
また、材質によっても異なってきます。
低価格の木材を使用すれば比較的安い費用で済みますが、やはり価格の安い木材だと腐りやすいので、こまめに防腐剤を塗るなどのメンテナンスが必要となります。
材質としては、人工木(樹脂製)が一番耐久性に優れていますが、費用的には35~45万円くらいとなります。
天然木の中ではウリン材が比較的強度、耐久性に優れているようです。
この他、イペ、セランガンバツなどの広葉樹の木材は、塗装なしでも耐久年数が長いといわれています。
レッドシダー、レッドウッドなどの針葉樹の木材は、柔らかく加工がしやすく、価格も安いのですが、耐久性は広葉樹に比べて劣るので、防虫防腐材を塗るなどの対策が必要となり、年に一回はメンテナンスを行うことです。
ホームセンターなどで売られているウッドデッキ用の素材は種類が限られるので、出来れば様々な素材を用意できる業者を選び、価格も含めて相談することです。
耐久性に優れた木材でも、雨や日光が直接あたる箇所は、経年変化で色が銀白色になってくるので、色が変化が変わらないようにするには、ステイン系の塗装を施すメンテナンスが必要になります。

DIYでもできるウッドデッキ

ごく小さなスペースなら、最近はホームセンターなどでウッドデッキのキットが販売されているので、DIYでウッドデッキを設置することもできます。
ウッドデッキの耐用年数は5年から10年が目安ですが、出来れば半年、最低でも1年ごとに防腐剤の塗装などの塗り替えを行うことです。
メンテナンスをきちんと行えば、目安の1.5から2倍くらい耐久性が向上します。
ウッドデッキには照明を取り付けるとよいでしょう。
人を感知して自動的に照明がともるタイプなら便利で、100Vタイプのハロゲンランプは明るいので1つで十分ですが、LEDタイプの場合、電気代はかかりませんが、両端に2つ取り付けるほうが良いでしょう。
また、ウッドデッキの下に収納スペースを設けるのも便利です。

まとめ

ウッドデッキのある生活は限られた方にしかできない、といった印象も少なからずあるかと思いますが、実は簡単に設置することもできることがわかりました。
しかしながら設置は容易にできても、やはりメンテナンスの部分はきちんとプロフェショナルの手に任せ、安全な状態を保ちたいものです。
最初の設置方法は何であれ、設置からそれなりの期間が経った場合には一度リフォーム業者にリフォームについて問い合わせてみてはいかがでしょうか。

厳選!キッチンリフォーム一括見積りサイトの比較ランキング
NO.1
リショップナビ

リフォーム費用完全公開!
安心で選ばれているサイト

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。
利用者からのコメント

優良業者だけが紹介されているので、比較して選ぶだけ。自分で探すよりもカンタンで、しかもリショップナビからリフォーム依頼するだけで1,000円の商品券をもらえるのでちょっぴり得した気分です♪

口コミ評価

9.50ポイント

リショップナビ 公式サイトはこちら
NO.2
HOME’Sリフォーム

40万人が利用したことのある
無料のリフォーム比較サイト

40万人以上が登場・利用する安心のリフォーム業者選び・比較サイト。 匿名でリフォーム業者に見積もり依頼。豊富な施工事例や利用者の評判をもとに、 あなたにぴったりのリフォーム会社が見つかります。
公式サイトはこちら
NO.3
ホームプロ

リフォーム費用完全公開!
安心で選ばれているサイト

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。
公式サイトはこちら

お役立ち情報

口コミ・評判